こんにちは!
IRIE daysの入江です!

来週からいよいよ営業再開できそうです!
IRIE daysは火曜が定休になるので23日(水)から再開となりますのでよろしくお願いします!

さて、もう1週間ほど経ちましたが3月10日にpeeps100号が発行となりました!
函館に住む人なら知らぬ人はいない月刊誌。
フリーペーパーとは思えない読み応えに毎月楽しませてもらっているのは自分だけではないはずです

そんなpeepsの編集長を務める吉田さんに縁あってインタビューさせてもらいました!
その記事がこちらにあるので是非ご覧ください
北海道ライカーズ、インタビュー記事

ここから本題になっていく訳ですが、今回は「苦手なモノ」です。
単刀直入に、冬が嫌いなんですが今回はその理由をチャート式に記載していきたいと思います笑

ということで本日のアウトラインです!

冬が嫌い
 1.寒い
 2.コスト
 3.危険

ではひも解いていきましょう

1.寒い
 当たり前ですが寒いですよね。
 体温を上げると免疫があがるだの言われている中、寒いと上がらないじゃないですか、体温。
 そりゃあ風邪も増えますよ。
 寒いと温泉が気持ちいい、という声もあるかもしれませんが、北海道の真冬をなめてはいけません。
 せっかく温まっても湯冷めするし、「ヒートショック」という現象もあります。
 個人的には、大好きな温泉も冬は行く機会が減ります。
 寒さも理由の一つですが、寒いことにより、厚着をして温泉に行くわけです。
 そしたらロッカーがパンパンになるんです。
 行きつけの西ききょう温泉だとそれが顕著で、容量オーバーなんです。
 上着車に置いていきますもん。
 ストレスですよね。

2.コスト
 これまた当たり前ですが、暖房を使います。
 プロパンガスの物件に住んでいたことがありますが、その時のガス代に度肝を抜かしました。
 寒さには強いほうで、節約して暖房を使っていたにもかかわらずです。
 昨今はいわずもがな、どんどん燃料代が上がっています。
 金銭的なコストもそうですが、冬には時間も取られてしまいます。
 車はゆっくり運転しなければいけないし、雪かきってなんすか。言ってしまえば無益ですよね。
 そのためにスコップも買わなければいけないし。
 
3.危険
 これに関しては今まで以上に説明無用ですね。
 歩いていても道はツルツル。
 車に乗っても道はツルツル。
 屋根の雪を下ろさないと建物が倒壊することもあり、その際に転落の危険もある。

書いていてどんどん暗くなってきそうなのでこれくらいにします。
だんだん洒落にならなくなってきました

そんな冬もいよいよ終わりです!
春が一番好きです
日も長くなってくるしワクワクしています
飲み会も解禁しそうな感じなので、是非飲みに来てくださいね

IMG_8634 (1)