こんにちは!
IRIE daysの入江です!

先日開催したIRIE days CAFE
序盤は人が来なくて、失敗したかな、と思いましたが、
後半にかけて多くの方に来て頂き、結果やってよかったです
夜には来られないのでこの機会に来ました!という方もいらっしゃり、とても嬉しかったです (´▽`)

ということで、またやります

IRIE daysのインスタグラムではすでに告知していますが、
12月13日(日)
13時~16時(ラストオーダー15時半)
です!
昼カフェなので、ソフトドリンクはチャージかかりません!

この寒い時期、あまり他のカフェでは見られない
抹茶ぜんざいなど温かいデザートもあるので、普段来られない方、
夜も来てるけど、という方も是非よろしくお願いします!
macyazen
ちなみに、写真は抹茶ぜんざいにアイスをトッピングしたものです
抹茶アフォガードのような感覚でお楽しみください

さて、今日はここからが本題です!
カフェっぽい話をしようかと思います

皆さん、コーヒーは飲みますか?
朝起きての一杯、仕事しながらの一杯、3時のおやつと共に一杯。
最近ではコンビニでも淹れたてのコーヒーを飲むこともできて
より身近な存在になってきた気がします。

そんなコーヒーですが、品質によって区分があることをご存じでしょうか!?
大きく分けて4つ、
ローグレードコーヒー、コモディティコーヒー、プレミアムコーヒー、そしてスペシャルティコーヒーです!

下の画像がわかりやすいですが、下から上にいくに従って価値も値段もあがり、
味も良くなると言われています。
cofffeeee


ざっと説明をしていきますが、まずはローグレードコーヒー。
言葉からしてグレードの低そうなコーヒーですね
こちらは生産地での自家消費、もしくは缶コーヒーや
インスタントコーヒーに使われることが多いようです。

次にコマーシャルコーヒー。
こちらはコモディティコーヒーともいわれています。
最も流通が多く、スーパーやコンビニで豆として販売されているものの
ほとんどがこちらの区分になります。

そしてプレミアムコーヒー。
こちらも名前の通り、高級、高品質なコーヒーを指します。
ブルーマウンテンや、ハワイコナコーヒーなど、産地が限定されているなどの特徴があります。

最後にスペシャルティコーヒーです。
国によって様々な規定はありますが、明確にはスペシャルティコーヒーの定義は決まっていません
ただし、最低限のラインというものはあり、トレーサビリティが明確であること、
カッピング審査を受けたうえで80点以上を取ることです。
トレーサビリティとは簡単にいうと生産から販売までのルートがしっかりわかるもの、ということです。
カッピング審査はフレーバー、後味、甘さなどが審査の項目になっているそうです。

ここまで長々と書いてきましたが、一言でまとめると
スペシャルティコーヒーは美味しいよ、ってことです笑
そして、お気づきかとは思いますが、IRIE daysのコーヒーはスペシャルティーコーヒーを使用しております
さらにいうと、抽出には高級な浄水器を通した水を使っております!

という訳でめちゃくちゃ美味しいコーヒーが飲めるIRIE days、
他にも美味しいもの盛りだくさんとなっていますので是非ともお試しあれ (´▽`)